9親鼻橋の紅簾石片岩とポットホール

親鼻橋の紅簾石片岩とポットホール

 荒川を横切る親鼻橋の上流右岸の大きな岩は、世界でも珍しく貴重な紅簾石片岩の露頭です。明治21年(1888年)小藤文次郎が世界で初めて報告しました。
 紅簾石はマンガンを含む紫〜紅色の鉱物です。肉眼では結晶は見えませんが、親鼻橋下流のライン下り出発場所のジオサイト解説看板で紅簾石の岩石顕微鏡写真が見られます。ここでは、銀白色の鉱物・絹雲母を含む絹雲母片岩も見られます。
 岩の上には大きなポットホール(甌穴(おうけつ))があります。かつて川底であったころ、上流にあるチャートなどの硬い岩石が岩のくぼみに取り込まれ、激しい流れによって回転し削ってできたものです。
 岩の上のレンガの礎石は、古い親鼻橋がここにかかっていたころの橋脚の跡です。

stamp

このロケーションは『iStamp』アプリでスタンプを獲得できます。

App Store  Google play