日本地質学発祥の地 ジオパーク秩父 〜地質と伝統と大地の恵み〜

新着情報・お知らせ

古秩父湾

[新着情報] 2015年12月28日

国の天然記念物指定になる「古秩父湾堆積層及び海棲哺乳類化石群」をシリーズでご紹介します。

秩父は1500万年前までは海でした。この海の記憶は今、秩父の大地に刻まれています。

 

ヂ臾邯競僖譽パラドキシア化石産地(秩父市大野原)

昭和47年に発見され、昭和50年と52年に発掘された「パレオパラドキシア」大野原標本の産出地。

世界で2番目に発見された全身骨格です。

付近からは「チチブクジラ」の化石も発見されています。秩父の化石産地を象徴する露頭です。

DSCN4562.JPG

 

 

新田橋(あらたばし)の礫岩露頭

秩父が湾であった終焉を示す、角のとがった角礫岩が観察できる代表露頭です。

この角礫岩は、古秩父湾の東縁に断層運動によって陸地が形成された際、周辺の陸域から供給されたものです。

秩父郡横瀬町には大規模な露頭が残されている場所が少なく、古秩父湾の終焉を示す重要な露頭となっています。

新田橋4.JPG

 

生涯学習講座のご案内(小鹿野町)

[お知らせ] 2015年12月24日

小鹿野町教育委員会主催の生涯学習講座を下記のとおり開催いたします。

国の天然記念物に指定される「古秩父湾堆積層及び海棲哺乳類化石群」について、わかりやすく紹介いたします。

「古秩父湾、小鹿野の大地に眠る太古の海の200万年間の物語」

日 時:平成28年1月23日(土) 13:00開場  13:30開演

開 場:小鹿野文化センター 大会議室 (小鹿野町小鹿野167-1)

※ 入場無料

問い合わせ:小鹿野町教育委員会 社会教育課 0494-75-0063

生涯学習講座ポスター・チラシ.jpg

古秩父湾

[新着情報] 2015年12月24日

 国の天然記念物指定になる「古秩父湾堆積層及び海棲哺乳類化石群」をシリーズでご紹介します。

秩父は1500万年前までは海でした。この海の記憶は今、秩父の大地に刻まれています。

 

取方の大露頭(秩父市下吉田)

小鹿野町層の砂岩泥岩互層が見られます。大きく曲がった地層は、海底の堆積物が斜面をすべり落ちてできた海底地すべり堆積物です。

また、露頭最上部には、第四紀の段丘堆積物が見られ、明瞭な「斜交不整合」が観察できます。 

取方1.JPG

 

い茲Δ个院幣鹿野町下小鹿野)

「ようばけ」という名は、‘太陽のあたる崖‘という意味だと言われている、新第三系の秩父町層が露出する巨大な崖で、下半部は「奈倉層」、上半部は「鷺の巣層」です。

付近からはチチブクジラなどの脊椎動物化石やカニ化石が発見されており、近くにある「おがの化石館」は、小鹿野町般若で見つかったパレオパラドキシアの骨格(レプリカ)や、化石愛好者・地元の人が採取した化石を展示しています。

大正5年には盛岡高等農林学校の宮沢賢治が地質巡検で訪れた地といわれています。

ようばけ2.JPG

 

古秩父湾

[新着情報] 2015年12月22日

国の天然記念物指定になる「古秩父湾堆積層及び海棲哺乳類化石群」のご紹介です。

秩父は1500万年前までは海でした。この海の記憶は今、秩父の大地に刻まれています。

 

〜宛兇良埓姐隋奮野町)

秩父盆地の北の隅、皆野町前原の荒川と赤平川が合流する左岸に、秩父帯と新第三系の不整合があります。(古生代〜中生代の岩石からなる秩父帯の上に、約1700万年前の古秩父湾の堆積層である地層が重なっています。)

基盤は破砕された粘板岩でジュラ紀のものです。上に重なるのはチャートや粘板岩の礫(基底礫岩)で、上に行くにつれ砂岩へ変わっています。

DSCN4566.JPG  

 

犬木の不整合(小鹿野町)

関東を代表する恐竜時代の地層である山中層群と秩父盆地層群が接する不整合、「前原の不整合」同様基底礫岩がみられるほか、明瞭な断層を観察することができます。

DSCN3643.JPG  

DSCN3642.JPG

 

 

秩父ミューズパークからの雲海

[新着情報] 2015年12月16日

秩父ミューズパークよりご覧いただける「雲海」をご紹介します!

春と秋の寒暖差の大きい朝に発生することが多く、前日の湿度が70%以上の翌朝がねらい目とのことです。

秩父は「古秩父湾堆積層及び海棲哺乳類化石群」が国の天然記念物に指定されます。

雲を海に見立てれば、秩父は約1550万年前、このように秩父湾を形成していたのかもしれません。

「約1500万年前に姿を消した古秩父湾、秩父の地形に刻まれたこの海の記憶が雲海となり現代に蘇る」

 

雲海.JPG  

※この画像(12月16日朝撮影)とキャッチフレーズは、秩父在住の方より提供いただきました。  

「ジオパーク秩父」 日本ジオパーク再認定!!

[新着情報] 2015年12月15日

12月14日に開催された日本ジオパーク委員会において、「ジオパーク秩父」が正式に再認定されました!!

ジオパークは4年に一度の審査により認定されるシステムで、秩父はH23年に認定以来、本円が審査の年となっており、10月の15日〜16日に現地審査が行われました。

エリアである1市4町の連携、保全・教育・観光等様々な分野の取り組みや、地域住民の活動など、ジオパーク活動の広がりが評価され再認定となりました。

この審査をきっかけに、事務局・運営体制の強化等を推進するとともに、国内初となる複合天然記念物指定の「古秩父湾堆積層及び海棲哺乳類化石群」などを取り込み、秩父の多様性を包括できるテーマを構築していきたいと考えております。

(現地審査の様子)

DSCN4460.JPG

ジオパークトレイン特別運行!

[お知らせ] 2015年12月07日

動く自然の博物館!秩父ジオパークトレインが特別運行されます。

ジオパークトレイン車内に、埼玉県立自然の博物館からの出張展示や、子ども向けの工作体験やジャズ演奏を楽しむことができます。

12月20日(日)10:10熊谷駅発→11:00寄居駅発→12:12長瀞駅発→12:23皆野駅発→12:31秩父駅着

※普通乗車券でどなたでも乗車可能です。

ジオトレイン.jpg

同日、秩父鉄道ではラッピングトレイン第2弾「秩父三社トレイン」の出発式も行う予定です。

那須烏山市がジオパーク秩父を視察しました。

[新着情報] 2015年12月04日

日本ジオパークの認定を目指す那須烏山市が秩父を視察に訪れました。

那須烏山市長をはじめ多くの関係者が、ジオサイトや、再認定の現地審査を終えたばかりの秩父の取組みを熱心に研修していました。

那須烏山は関東圏に属し、秩父と連携した取り組みをお願いするためにも、ぜひ日本ジオパークの一員となっていただくよう、認定に向け頑張っていただきたいと思います。

那須烏山市議会視察.JPG

JGN関東地区大会(銚子大会)が開催されました。

[お知らせ] 2015年11月30日

「ジオパークで身近な人とつながり世界を広げよう」をテーマに、11/21〜22に千葉県銚子市で日本ジオパーク関東地区大会が開催されました。

秩父ジオパークからも関係者多数参加させていただき、関東圏のジオパークの皆様と交流を深めてまいりました。

DSCN4521.JPG

 

秩父ジオパークPRブース

DSCN4506.JPG

 

分科会はジオパークを活用した「観光戦略」「学校教育」と「関東地域のジオストーリー」の3つに分かれ、各分野での課題や活用を検討いたしました。

観光分科会の様子’(ちちぶまちづくり工房の木村さんがパネラーとして活躍)

DSCN4523.JPG

 

2日目はジオツアー

秩父のメンバーは「銚子半島の海岸で自然と水産業を楽しむツアー」で、銚子の海岸線をめぐり、水鳥や植物を観察しながら、銚子ジオパークを満喫いたしました。

外川の街並み

DSCN4554.JPG

 

ジオウオーキング 一味違った札所めぐりを実施します。

[お知らせ] 2015年11月29日

ジオウオーキング 一味違った札所めぐり

「札所をめぐり山地と盆地の境界を見る」を開催します。

魅力たっぷりのジオパーク秩父を散策してみませんか?

 日 時 : 12月6日(日) 9:30秩父鉄道白久駅集合 15:30武州日野駅解散予定

参加費 : 500円(当日受付)

コース : 秩父鉄道白久駅→札所30番法雲寺(盆地の地層・石碑)→道の駅あらかわ(昼食)→

矢通反隧道(盆地南側の地層)→安谷川(山地の岩とマンガン抗跡)→明ケ指(卵水)→浅間神社→

秩父鉄道武州日野駅

問い合わせ : NPO法人秩父まるごと博物館 小幡喜一 090−3007−3863

pict_01[1].jpg

札所30番 法雲寺