日本地質学発祥の地 ジオパーク秩父 〜地質と伝統と大地の恵み〜

新着情報・お知らせ

メットライフドーム(西武ドーム) ジオパークPR

[新着情報] 2017年08月04日

埼玉西武ライオンズのホームスタジアム「メットライフドーム」にてジオパーク秩父をPRしてきました!

DSC_0807.JPG

秩父は「フレンドリーシティ」として、地元「埼玉西武ライオンズ」と協定を締結し、観光誘客事業など、さまざまな協同事業を展開しています。ジオパークPRもその一環です。

DSC_0814.JPG

ライオンズvsソフトバンク

ジオパーク秩父は、地元「埼玉西武ライオンズ」を熱烈に応援します!

今日も我がライオンズは快勝です!

ジオパーク講座が開催されました

[新着情報] 2017年08月01日

7月30日、秩父市歴史文化伝承館において、秩父まるごとジオパーク推進協議会主催、NPO法人 秩父まるごと博物館企画運営による「平成29年度 ジオパーク講座」が開催されました。

IMG_0519.JPG

講座前半は、「古秩父湾堆積層と当時の古生物」について、また後半は、「宮沢賢治の心友・保阪嘉内が詠んだジオパーク秩父」と題して、ジオパーク秩父を学ぶ事ができました。

また、当日は、講座に関する資料や秩父の岩石・鉱物の展示も行いました。

おがの化石館夏休み応援イベント

[新着情報] 2017年07月27日

7月26日、「おがの化石館」で、小鹿野町の小学生を対象としたイベントが開催されました。「ジオパーク」について学び、夏休み自由研究のヒントも教えてもらいました。

また、化石のレプリカ作りや化石の発掘体験も行い、楽しい一日となりました。

来年もまた参加してください。

↓ おがの化石館館内説明

IMG_0485.JPG

↓ 化石の発掘体験

IMG_0511.JPG

↓ 化石のレプリカ作り

IMG_0514.JPG

ちちぶ学セミナー専門講座の現地調査

[新着情報] 2017年07月18日

7月17日、ちちぶ学セミナー専門講座「ジオパーク秩父探求コース」では、第2回の現地調査を実施しました。

↓ 岩殿沢石の説明

IMG_0454.JPG

↓ 岩殿沢石を使った流し

IMG_0456.JPG

今回は、石灰窯、岩殿沢石、市子塚(いちこづか)、招木古墳等について研究成果の発表を交えながら現地調査を実施しました。

秩父地域の地形と歴史の関係等を学んできました。

 

ジオパーク秩父 砂防発祥の地

[新着情報] 2017年07月18日

ジオパークエリアである小鹿野町は、埼玉県の砂防発祥の地として記念碑が建てられております。

〆祝.JPG

∈祝.JPG

埼玉県の砂防事業は、明治43年に小鹿野町や旧都幾川村で台風により発生した大規模な土砂災害を契機に赤平川・吉田川・都幾川の3渓流で始まりました。

この記念碑は大正5年の赤平川支川栗尾沢砂防事業着工にちなみ、明治30年「砂防法」制定から100年を記念して建立されたものです。

国道299号線沿いにあります。

秩父市では、全国治水砂防協会関東甲地区協議会総会と支部長会議なども開催されました。

甚大な被害を被る土砂災害・・・災害の予防・防災の啓蒙もジオパーク活動のひとつです。

東京シニア自然大学のジオパーク秩父講座

[新着情報] 2017年07月13日

7月7日、東京シニア自然大学(公益社団法人 日本環境教育フォーラム)の受講生が秩父のジオサイトを見学しました。

↓ 札所31番観音院 東奥の院の「畠山重忠の駒繋ぎ場」の説明を受ける受講生

06札所三十一番 観音院 馬の蹄2.JPG 

当日は晴れて暑い日でしたが、皆さん暑さにも負けず、ジオパーク秩父を楽しんでいらっしゃいました。

大変お世話になりました。是非また秩父地域にお越しください。

おすすめ!長瀞デート

[新着情報] 2017年06月29日

ご婚約されることが明らかとなった、秋篠宮家の眞子さまがデートで訪れた景勝地「長瀞」

DSC_0726.JPG

報道を受け、三波川帯の変成岩「長瀞の岩畳」も、週末はカップルで賑わっています。

岩畳を歩いていくと・・・・・

↓ 休憩できる東屋があります。

DSC_0725.JPG

このテーブルは、県立自然の博物館とジオパーク秩父で作製した長瀞の解説版となっています。

(ちょうど整備したところです。)

DSC_0724.JPG

縁起のいい「長瀞」でのジオパークデート、おすすめです!

国会議事堂には、秩父の蛇紋岩が…その

[新着情報] 2017年06月26日

↓ 蛇紋岩と蛇灰岩

  蛇灰岩 : 蛇紋岩に方解石脈が網目状に入っている。 別名:貴蛇紋、鳩糞石

DSC_0678.JPG

↓ 蛇紋岩で作製した印鑑。 下の石は赤いチャートです。

DSC_0670.JPG

↓ 蛇紋岩で作製した球体 

DSC_0691.JPG

印鑑も球体も秩父市黒谷在住の大濱サイ子さん所有です。(球体はお借りしました。)

国会議事堂に使われているものと同じ蛇紋岩と思われます。

(秩父市役所1Fジオパークコーナーに展示してありますのでぜひご覧ください。)

DSC_0689.JPG

国会議事堂には、秩父の蛇紋岩が…その

[新着情報] 2017年06月23日

蛇紋岩の採掘地として「帝国議会議事堂建築報告書」(1938)には、「貴蛇紋」(皆野町三沢)と「蛇紋」(皆野町上三沢)の2つが記載されています。

が、しかし・・・・・

 最近になって、秩父市黒谷在住の大陬汽せ劼気鵑両攜世砲茲蝓秩父市黒谷地区(蓑山)からも、蛇紋岩を採掘していたことが明らかになりました。

↓ 大陲気鸞陲砲△襦当時切り出した蛇紋岩

DSC_0677.JPG

大陲気鵑舅の裕一氏から国会議事堂の蛇紋岩採掘に協力していた話をよく聞かされていたそうです。

昭和の初め、東京の石屋である奥野氏が鉱山師の大田口氏と、新潟の技術師を呼び寄せ、蓑山の不動滝付近で採掘を始めたとのこと、裕一氏は黒谷の蛇紋岩が国会議事堂に使われたことを誇りとしていました。

大陲気鸞陲砲蓮∪个鮴擇蟒个杭櫃侶戚鷭颪箋可書類等も残されており、倉庫には石を運んでいた当時の荷車もあるとのこと。

国会完成後、奥野氏とともに2泊3日の東京見物に招待されたそうです。

実際には国会議事堂建築の際に、石材を確保するため、複数の丁場を採掘したのではないかと推測されます。

↓ 石を切り出していた当時に作製された、「蛇紋岩のなすび」

  DSC_0674.JPG

 

その他にも、大正11年に京都帝国大学に石材標本として蛇紋岩を預けた文章も・・・・

DSC_0673.JPG

秩父の蛇紋岩、最高です!!

国会議事堂には、秩父の蛇紋岩が…

[新着情報] 2017年06月19日

「国会議事堂」建設の際には、日本全国から最高品質の石材が集められたということをご存知でしょうか?

明治の末期には、石材選抜のための全国調査も行われたそうです。

DSC_0671.JPG

埼玉県では唯一、秩父産の蛇紋岩が使用されているそうです。

々餡餤鳥堂中央玄関の床

国会議事堂中央広間のモザイク

国会議事堂両院議員玄関幅木

※残念なことに、国会議事堂は写真撮影一切禁止です。

DSC_0680.JPG

↑ 蛇紋岩 : カンラン岩(マグマがゆっくり冷えた岩)が水と反応して、変成作用を受けてできた岩石

先日視察に伺った、東京の秋川流域ジオパークからは、石灰岩と火山砕屑物が層状になった「白倉石」が使用されているとのことでした。