日本地質学発祥の地 ジオパーク秩父 〜地質と伝統と大地の恵み〜

新着情報・お知らせ

西武秩父仲見世ギャラリーでジオパーク秩父の魅力を!

[新着情報] 2015年02月27日

 西武秩父仲見世通りギャラリーに「ジオパーク秩父写真コンサート」の展示を行いました。

秩父の魅力的なジオサイトを写真で紹介しています。

 4月11日・12日に開催される「秩父いってんべぇウオーキング2Days」に参加されるウオーカーの皆さんに、たっぷり秩父ジオパークを堪能していただきたいと思っています。

nakamise2.jpg 秩父いってんべぇウオーキング2Daysの事前申し込み3月15日までです。

詳しくは、こちらをご覧ください。

http://navi.city.chichibu.lg.jp/info/2015/01/6758/

nakamise1.jpg

つながる・つなげる行政サービス

[新着情報] 2015年02月14日

 「これからの市町村連携を考える」をテーマとした、シンポジウムが青森県で開催されました。

秩父まるごとジオパーク推進協議会に、「ジオパークによる広域観光」の事例発表依頼があり、秩父ジオパークの活動について報告し、青森県の市町村職員の皆さんと意見交換してまいりました。

aomori1.jpg

 定住自立圏構想や地域公共交通、水道広域化などのテーマもあり、充実した内容のシンポジウムでした。

 折角なので、シンポジウム前に青森県郷土館などを訪ね、青森の地質、ねぶたなどの民俗文化についても学んでまいりました。

aomori2.jpg

aomori3.jpg

 人口減少社会においても、それぞれの自治体が持続可能な行政サービスを展開していくための、市町村間の連携の大切さ、改めて感じてまいりました。

冬のジオパーク秩父

[新着情報] 2015年02月02日

「底冷え」という言葉どおり、寒さ厳しい秩父では、岩肌から凍みだす湧水が氷となって、氷柱や氷壁をつくっています。
困難を克服し、地域活性化に貢献したと表彰された「尾ノ内沢渓谷の氷柱」では、地域の方々が水をかけ、氷を大きく育てています。
 写真は、自然の湧水が創り出した氷柱大滝の「三十槌の氷柱」と中津川地域の岩肌からしみ出した湧水が美しい氷壁となっている様子です。

misotuti1.jpg

 

misoturi2.jpg

 

nakatu1.jpg 秩父ジオパークでは、氷の芸術があちらこちらで見られます。

三十槌の氷柱
http://navi.city.chichibu.lg.jp/p_flower/1403/
芦ヶ久保の氷柱
http://www.yokoze.org/2015/02/10240/
尾ノ内沢の氷柱
http://www.kanko-ogano.jp/

楽しく美味しいジオパーク

[新着情報] 2015年01月26日

 ジオパーク仲間のつながりによる交流が始まってきています。

 先日、下仁田町の若手職員の皆さんが「楽しく美味しいジオパーク秩父」というテーマで、秩父ジオパークを旅していただきました。

 午前中は、日本地質百選の長瀞を「こたつ舟」で下り、お昼に「おがの化石館」へ。

おがの化石館では、地元のジオグルメサークル「蔵」のお母さんたちに、おっ切り込みうどん、みそポテト、えびしといった、秩父の郷土料理をふるまっていただきました。

 秩父まるごとジオパーク推進協議会では、午前中ジオウオーキングを開催していたので、事務局は終了後駆けつけ、ごあいさつさせていただきました。

simonita.jpg

 午後は、秩父のまちなかそして、尾の内沢の氷柱を見学されお帰りいただきました。

  全国のジオパークの皆さんも、気軽にご相談いただき「楽しく美味しいジオパーク秩父」で心癒していただければと思います。

 皆さん、ぜひお越しください。

 

秩父こどもエコクラブジオツアーを開催しました。

[新着情報] 2015年01月06日

秩父こどもエコクラブのジオツアーを開催しました。
今回は、テーマを「秩父が海であった証拠を探りに行こう!」として、海底地滑り跡の地層などを観察。
浦山ダム防災資料館うららぴあの「ジオパーク秩父みゅーじあむ」では、チチブクジラのレプリカも持ち込んで、子どもたちに秩父の成り立ち、魅力を体感してもらいました!

geokid2.jpg

geokid3.jpg

 

「荒川のうた」で楽しむジオパーク秩父コンサート始動!

[新着情報] 2014年12月22日

 平成26年の年の瀬となりましたが、秩父ジオパークでは新たな取り組みが始まってきました。

「荒川のうた」で楽しむジオパーク秩父コンサートです。

 秩父まるごとジオパーク推進協議会運営委員会に続き、「荒川のうた」で楽しむジオパーク秩父コンサート実行委員会を設立し、事業がスタートしました。

 来年7月のコンサート、ジオパークとどんなコラボができるか今から楽しみです。

geibata2.jpg

geobata3.jpg  また、皆野町のムクゲ自然公園では「ジオ端会議」が開催されました。

  geobata1.jpg地域住民の方々にジオパークに気軽に触れていただき、地域資源の保全・活用に関わりをもっていただけると嬉しいです。

 

 

子どもたちの「なんで?」に応えて

[新着情報] 2014年12月18日

 秩父市立吉田中学校で、今年もジオパーク秩父出前授業が行われました。

 今年は、今までのスライドによるジオパークの紹介に加え、子どもたちの「何で?」に応えるスタイルで秩父の地質・地形、歴史・文化など、大地と暮らしに関わるテーマでお話してきました。

yosida1.jpg

 「秩父では、どんな化石がでたの?」、「吉田中学校の下にも化石があるの?」、「ジオパーク秩父のパンフレットを作ったのは誰?」・・・など子どもらしい質問がたくさんありました。

 秩父まるごとジオパーク推進協議会では、子どもたちの「なんで?」に応えるジオパークガイドブックを製作していく予定です。

 地域の子どもたちに、さらに秩父の素晴らしさを感じて欲しいと考えています。

 

 

「ジオパーク秩父みゅうじあむ」に充実!

[新着情報] 2014年12月15日

 浦山ダム防災資料館うららぴあのジオパーク秩父コーナーに、秩父地域で見られる岩石や鉱物などの展示を充実し、愛称を「ジオパーク秩父みゅじあむ」としました。tenji3.jpg

 ジオパーク秩父ファンの方からお預かりしたした貴重な「日野龍眼石」と地元で言われている石も展示させていただきました。

 白く見えるところは石灰岩、茶色い部分は火山噴出物で、プレート移動により海洋のサンゴ礁の石灰分と火山の噴出物が混じったものが秩父まで来たものです。

tenji1.jpg  クリスマスシーズンとなります、昼間は、秩父4ダム巡りとともに、ジオパーク秩父を学び、イルミネーションに彩られた秩父を楽しんでくださいね。

 

浦山ダム防災資料館「うららぴあ」にジオパーク秩父コーナー開設

[新着情報] 2014年11月27日

 秩父ジオパークの重要なジオサイトの一つである浦山ダム周辺地域は、山地と盆地の境(秩父帯と新第三紀の地層の境)となっていて、ジオツアーでもよく訪ねるスポットです。

 そこで、浦山ダム防災資料館「うららぴあ」の2階ギャラリーを(独)水資源機構からお借りし、ジオパーク秩父の概要がわかる展示コーナーを開設いたしました。

 うららぴあでは、当協議会の構成団体の一つである荒川商工会が「浦山ダムカレー」の販売もはじめています。

 ジオツアーにお越しいただく人や、ダム見学者の皆さんに活用していただき、浦山・荒川地域の活性化に少しでも貢献したいと思います。

dum1.JPG

dum2.JPG

 展示コーナーには、床地図も掲出しました。今後さらに充実した展示を行ってまいります!

 ジオパーク秩父展示コーナーからは、秩父市街地の眺望抜群です、長尾根丘陵がガラス越しによく見られます。

dum3.JPG

dum4.JPG  

 

取方の大露頭をスケッチ!

[新着情報] 2014年11月26日

 秩父市立南小学校の6年生の児童のジオパーク学習会が行われました。

 取方の大露頭では、地層のまがりや重なりをスケッチしながら、よく観察し。大昔、海の底で地滑りがあってまがった地層や、傾きについての現地観察会を楽しく行いました。

 やはり、教科書や図鑑で学ぶだけではなく、現地で五感をフルに活動させて学ぶって素敵な事ですね。

minamisyou.jpg