日本地質学発祥の地 ジオパーク秩父 〜地質と伝統と大地の恵み〜

新着情報・お知らせ

東京シニア自然大学のジオパーク秩父講座

[新着情報] 2017年07月13日

7月7日、東京シニア自然大学(公益社団法人 日本環境教育フォーラム)の受講生が秩父のジオサイトを見学しました。

↓ 札所31番観音院 東奥の院の「畠山重忠の駒繋ぎ場」の説明を受ける受講生

06札所三十一番 観音院 馬の蹄2.JPG 

当日は晴れて暑い日でしたが、皆さん暑さにも負けず、ジオパーク秩父を楽しんでいらっしゃいました。

大変お世話になりました。是非また秩父地域にお越しください。

おすすめ!長瀞デート

[新着情報] 2017年06月29日

ご婚約されることが明らかとなった、秋篠宮家の眞子さまがデートで訪れた景勝地「長瀞」

DSC_0726.JPG

報道を受け、三波川帯の変成岩「長瀞の岩畳」も、週末はカップルで賑わっています。

岩畳を歩いていくと・・・・・

↓ 休憩できる東屋があります。

DSC_0725.JPG

このテーブルは、県立自然の博物館とジオパーク秩父で作製した長瀞の解説版となっています。

(ちょうど整備したところです。)

DSC_0724.JPG

縁起のいい「長瀞」でのジオパークデート、おすすめです!

国会議事堂には、秩父の蛇紋岩が…その

[新着情報] 2017年06月26日

↓ 蛇紋岩と蛇灰岩

  蛇灰岩 : 蛇紋岩に方解石脈が網目状に入っている。 別名:貴蛇紋、鳩糞石

DSC_0678.JPG

↓ 蛇紋岩で作製した印鑑。 下の石は赤いチャートです。

DSC_0670.JPG

↓ 蛇紋岩で作製した球体 

DSC_0691.JPG

印鑑も球体も秩父市黒谷在住の大濱サイ子さん所有です。(球体はお借りしました。)

国会議事堂に使われているものと同じ蛇紋岩と思われます。

(秩父市役所1Fジオパークコーナーに展示してありますのでぜひご覧ください。)

DSC_0689.JPG

国会議事堂には、秩父の蛇紋岩が…その

[新着情報] 2017年06月23日

蛇紋岩の採掘地として「帝国議会議事堂建築報告書」(1938)には、「貴蛇紋」(皆野町三沢)と「蛇紋」(皆野町上三沢)の2つが記載されています。

が、しかし・・・・・

 最近になって、秩父市黒谷在住の大陬汽せ劼気鵑両攜世砲茲蝓秩父市黒谷地区(蓑山)からも、蛇紋岩を採掘していたことが明らかになりました。

↓ 大陲気鸞陲砲△襦当時切り出した蛇紋岩

DSC_0677.JPG

大陲気鵑舅の裕一氏から国会議事堂の蛇紋岩採掘に協力していた話をよく聞かされていたそうです。

昭和の初め、東京の石屋である奥野氏が鉱山師の大田口氏と、新潟の技術師を呼び寄せ、蓑山の不動滝付近で採掘を始めたとのこと、裕一氏は黒谷の蛇紋岩が国会議事堂に使われたことを誇りとしていました。

大陲気鸞陲砲蓮∪个鮴擇蟒个杭櫃侶戚鷭颪箋可書類等も残されており、倉庫には石を運んでいた当時の荷車もあるとのこと。

国会完成後、奥野氏とともに2泊3日の東京見物に招待されたそうです。

実際には国会議事堂建築の際に、石材を確保するため、複数の丁場を採掘したのではないかと推測されます。

↓ 石を切り出していた当時に作製された、「蛇紋岩のなすび」

  DSC_0674.JPG

 

その他にも、大正11年に京都帝国大学に石材標本として蛇紋岩を預けた文章も・・・・

DSC_0673.JPG

秩父の蛇紋岩、最高です!!

国会議事堂には、秩父の蛇紋岩が…

[新着情報] 2017年06月19日

「国会議事堂」建設の際には、日本全国から最高品質の石材が集められたということをご存知でしょうか?

明治の末期には、石材選抜のための全国調査も行われたそうです。

DSC_0671.JPG

埼玉県では唯一、秩父産の蛇紋岩が使用されているそうです。

々餡餤鳥堂中央玄関の床

国会議事堂中央広間のモザイク

国会議事堂両院議員玄関幅木

※残念なことに、国会議事堂は写真撮影一切禁止です。

DSC_0680.JPG

↑ 蛇紋岩 : カンラン岩(マグマがゆっくり冷えた岩)が水と反応して、変成作用を受けてできた岩石

先日視察に伺った、東京の秋川流域ジオパークからは、石灰岩と火山砕屑物が層状になった「白倉石」が使用されているとのことでした。

秋川流域ジオパーク 現地視察会

[新着情報] 2017年06月07日

6月6日に、ちちぶ学セミナー「ジオパーク探求コース」の現地見学会として、JGN準会員でもある「秋川流域ジオパーク」を訪れました。

DSC_0621.JPG

↑ 小学校校舎を有効活用した体験施設「戸倉しろやまテラス」のジオ展示室

秋川渓谷は、秩父帯・四万十帯の地層や、地形では五日市盆地や河成段丘など、また岩石では石灰岩や石英閃緑岩、蛇紋岩などもあり、緑豊かな景観など秩父との共通点の多い地域だと実感いたしました。

 

DSC_0623.JPG

↑ 段丘崖の水を利用している珍しい「横井戸」

秩父と同じく、川が侵食し低いところを流れているため、水の利用が困難で水田は少なく、産業でも以前は桑を植えて絹産業もあったとのこと。

秋川流域では、石灰岩と火山砕屑物が層状になった白倉石(=秩父では紫雲石という岩石がある)が国会議事堂に使われているそうですが、秩父からは蛇紋岩が玄関の床に使われています。

方言も秩父と同じ「〜だんべぇ」=(〜でしょう)を使っているなど、他人??とは思えない地域でありました。

秩父との共通点探しに、次回はプライベートでゆっくり訪れてみたい地域の1つとなりました。

ご案内いただいた、秋川流域ジオパークの皆さま、大変お世話になりました。

JpGU-AGU Joint Meeting 2017

[新着情報] 2017年05月25日

5月の20日〜25日にかけて、日本地球惑星科学連合大会が幕張メッセにて盛大に開催されました。

DSC_0603.JPG

ジオパーク秩父もPRを兼ねて、「古秩父湾」の天然記念物の保全・整備・活用についてポスター発表を行いました。

 

5月22日にはJGNの全国研修会があり、「ジオパーク教育」について、教育ワーキンググループからの報告や、学習指導要領の改訂に伴うジオパーク教育のあり方について議論いたしました。

DSC_0608.JPG

三好市議会 ジオパーク秩父視察

[新着情報] 2017年05月17日

徳島県三好市議会の皆様をご案内いたしました。

DSC_0596.JPG

↑ 国指定天然記念物「取方の大露頭」にて

 

三好市もジオパーク参加を検討しているとのこと。

有名な大歩危・小歩危も、秩父の長瀞と同じ三波川帯で、8千万年前〜6千万年前にできた変成岩で構成されています。

長瀞を視察された三好市の皆さまも、地元と似ている秩父の地形に興味津々でした。

三好市には、ポットホールや秩父の紅簾石片岩に似た岩石もあるとのこと。

三波川帯のつながりとして、今度はぜひ四国に訪れてみたいと思います。

山中地溝帯の化石調査

[新着情報] 2017年04月29日

秩父盆地を取り巻く山のなかで、ひときわ低いところが「山中地溝帯」(約1.3億年前〜1億年前)と呼ばれる凹地帯で、秩父から群馬を越え、長野県の佐久まで続いています。

小鹿野町と隣接する群馬県神流町は、恐竜時代の化石の宝庫で、白亜紀前期の化石が多く発見されています。

秩父地域にも同じ地層が続いており、ジオパーク秩父からも恐竜の化石を発見することができるのでは?ということで、4月27日に地元の議員さんや商工会により、専門家を招いての山中地溝帯化石調査が実施されました。

IMG_2237.JPG

巻貝、三角貝、二枚貝などの貝の化石は発見されました。

恐竜化石発見の可能性がある山中地溝帯、今後もジオパーク協議会として支援します。

JR時刻表 ジオパーク秩父PR

[新着情報] 2017年04月18日

JR時刻表5月号でジオパーク秩父が紹介されています。

H29時刻表.JPG

表紙にはキャラクターの「ポテクマくん」ジオバージョンが・・・

H29時刻表.JPG

裏表紙の一面に掲載されております。

秩父にお出かけの際にはラッピング列車のジオトレインで‼