日本地質学発祥の地 ジオパーク秩父 〜地質と伝統と大地の恵み〜

新着情報・お知らせ

宮沢賢治 来訪100年 記念祭が行われました。

[新着情報] 2016年09月05日

「宮沢賢治 小鹿野町来訪100年・生誕120年記念祭」が小鹿野文化センターを会場に行われました。

大正5年の地質調査旅行で賢治は小鹿野で、岩石を採掘したり約千五百万年前の地層「ようばけ」を見学したりしたことが分かっています。

DSC_0352[1].JPG

↑ 大正時代の寿旅館当主 田嶋保氏の日記

「盛岡高等農林学校生徒職員一行二十五人宿泊す」との記載がある。

 

DSC_0349.JPG

地元の子供たちによる詩の朗読や賢治の弟のお孫さんの講演会、賢治の手紙の展示など、宮沢賢治の足跡をたどりました。

DSC_0350[1].JPG

↑ 小鹿野高校の皆さんによる宮沢賢治地質巡検再現のパフォーマンス

ジオパーク秩父名物 「ホルモン焼き」!

[新着情報] 2016年08月29日

ジオパーク秩父の名物“ホルモン焼き”!

秩父では、新鮮な絶品ホルモンが堪能できます。

ホルモンはヘルシーなのに栄養満点、美容と健康に良いと女性にも大人気です。

DSC_0340.JPG

Q ジオパーククイズ

  ↑ この中にジオパーク秩父の石が入っています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

A 正解は・・・

DSC_0342.JPG

↑ レバーのような赤い石=「赤色のチャート」 (上の写真では右上の赤い石)

  チャートは、放散虫というプランクトンの殻(ケイ酸)が海底で堆積したもので大変固い岩石です。

  両神山はチャートの山、秩父華厳の滝もこのような赤色のチャートでできた滝です。

  ↓ 両神山

両神山.JPG

天然記念物「ようばけ」の崖が動き出した!

[新着情報] 2016年08月29日

小鹿野町おもてなし課では、今年3月に天然記念物に指定された「ようばけ」を巨大なスクリーンに、プロジェクションマッピングを開催しました。

o2480350813718005152.jpg

1500万年前のパレオパラドキシアやオガノヒゲクジラなどが生息していた海の時代から、それらが化石となり、10万年前に「ようばけ」が姿を現し始めるまでを幻想的に表現されました。

会場の「おがの化石館」では、スモークマシンやムービングライトを使った演出や、3Dのバーチャル体験、パレオ縁日など大盛況でした。

IMG_1347.JPG

IMG_1350.PNG

ジオグルメ 浦山ダムラーメン!

[新着情報] 2016年08月19日

浦山ダム資料館「うららぴあ」にある「さくら湖食堂」では、ダムに見立てたジオグルメ=浦山ダムラーメン=が食べられます。

↓ ↓ 「ダムカレー」に続く第2弾の「ダムラーメン」  ダムのように深い味わい!

ダムラーメン.JPG

うららぴあ6.JPG

↑ ↑ 浦山ダム資料館「うららぴあ」 秩父市荒川久那4041  

浦山ダム資料館「うららぴあ」は、鉄道カードラリーのチェックポイントでもあります。

2ラボトレイン2016.jpg

↓ ↓ 2Fはジオパーク拠点施設となっています。

うららぴあ.JPG

皆さんぜひお越しください!!

ジオパーク講座を開催しました。

[新着情報] 2016年08月02日

7月31日(日)ジオパーク講座を開催しました。

たくさんの方にご来場いただきました。

IMG_0112.JPG

今年は宮沢賢治が秩父へ巡検に訪れてから100年!

 峙楝賢治の歩いたジオパーク秩父」と

3月に国指定天然記念物となった「古秩父湾」、

◆崔倭悗ら読み解く古秩父湾の変遷」の

今が旬な二つのテーマでの講座です。

IMG_0113.JPG

IMG_0118.JPG

夏休み(親子)応援企画実施しました。

[新着情報] 2016年07月29日

夏休みの一研究(親子)の応援企画を続々実施しています。

第一弾は小鹿野町おもてなし課主催の化石館での化石発掘体験・レプリカづくり(7月27日)↓

IMG_0046.JPG

 

翌日は秩父市生涯学習課主催バスで天然記念物をめぐるジオツアー!(7月28日)↓

IMG_0065.JPG

NHKテレビの取材もあり、夜のニュースでジオツアーの模様が放映されました!

IMG_0092.JPG

天然記念物級?パレオパラドキシアの化石をみんなで体感しました!!

ずっしりとした「パレオの本物の化石」、みなさんいかがでしたでしょうか?

国立公園関係都市総会 秩父市開催!

[新着情報] 2016年07月15日

H28年度国立公園関係都市協議会の総会が秩父市で開催され、

全国より関係者の皆様にお越しいただきました。

021.JPG

基調講演は、「国立公園、ジオパーク、エコパークの連携について」

講師は、日本ジオパーク委員会の顧問であります

東京学芸大学名誉教授 小泉武栄 氏

DSC_0327.JPG

パネルディスカッションでもジオパーク・国立公園・エコパークの

現状、課題、連携について討議がなされました。

 

2日目は行政視察としての「ジオパーク秩父ツアー」

IMG_0019.JPG

地質学発祥の地 長瀞の岩畳(山波川結晶片岩)をライン下りでの見学、

また取方の大露頭・ようばけ等の天然記念物をめぐり、ジオパーク秩父をご案内いたしました。

 

秩父市は山梨県と共にエコパークの認定を目指します。

ジオパーク秩父も国立公園、エコパークと連携して貴重な自然の保全・保護を含め、

自然教育やジオツーリズムなどにより、自然とふれあえる場としての活用を推進します。

東京シニア大学 ジオパーク秩父ツアー

[新着情報] 2016年07月10日

日本環境教育フォーラムによるジオツアーを実施しました。

黒谷の聖神社や皆野の紅簾石片岩、また前原の不整合や取方の大露頭、ようばけなど国の天然記念物指定の露頭などを巡りました。

DSCN4855.JPG

↑ 聖神社での和銅保勝会による解説

「続日本書紀」によると、元明天皇の時代(708年)、秩父より天然の銅塊が発見され朝廷に献上されたことを祝い年号が和銅に改元された。

DSCN4860.JPG

↑ 朝廷よりいただいた雌雄一対の和銅製蜈蚣(聖神社宝物館)

DSCN4875.JPG

↑ 国指定天然記念物「前原の不整合」

受講生の皆さん、ジオパーク秩父はいかがでしたでしょうか?

秩父の見どころはまだまだたくさんあります、またのお越しをお待ちしております。

大地の恵み体験ジオツアーを開催しました!

[新着情報] 2016年06月21日

秩父地域外の方を対象に、秩父の自然に触れて森林活動などを体感する1泊2日の「ジオツアー」を実施しました。

1日目は秩父市森づくり課との連携で市有林にて、手ノコを使った間伐・玉切り体験!

DSCN4813.JPG

DSCN4823.JPG

DSCN4825.JPG

2日目は大滝地区を巡るジオツアー

DSCN3895.JPG

秩父帯(約1億5,000年前)に刻まれたV字谷。

野生のシカやリス、サルにも出会えました。

DSCN4832.JPG

かつて武田信玄や平賀源内も目をつけた秩父鉱山付近での鉱物採取体験。

約600万年前、マグマが上昇してできた地域で、秩父トーナル岩やマグマの熱によって変化した結晶質石灰岩や多種類の金属鉱物がみられます。

DSCN4836.JPG

携帯の電波も届かないような山中でのジオツアー!いかがでしたでしょうか?

参加された皆様には、ぜひ秩父の魅力いっぱいな自然をPRしていただきたいと思います。

「ジオ」のおしゃれなカフェ

[新着情報] 2016年06月09日

 ジオサイトの一つ「橋立鍾乳洞」の前には「ジオ」の名前を付けたおしゃれなカフェがあります。

photo_image8-thumb.jpg

JURIN`s GEO (ジュリンズ ジオ) 

秩父市上影森673-1(札所28番 橋立堂境内)  0494-25-5511

ジオパーク再認定の現地審査でもご協力いただいたお店です。

店長こだわりのコーヒー、地元の食材を使ったおいしいスイーツなどが楽しめます。

鍾乳洞.JPG

「橋立鍾乳洞」は、武甲山の石灰岩体の西の端に位置し、南向きの高さ約40mの大岸壁の下にある県内唯一の竪穴型の観光同です。

鍾乳石や石筍、石柱、カーテン、フローストーンなどの洞窟生成物は、上方の出口付近によく発達しています。

大岸壁の下には縄文時代草創期から古墳時代の岩陰遺跡が発見されています。

鍾乳洞看板.JPG

 ↑ 昭和初期に設置された貴重な解説看板

  古くから研究されてきた秩父の歴史的資源として保全・活用していきます。