コンテンツ本文へスキップ
プリローダーイメージ
スマートフォンサイトはこちら

ジオサイトを探す

藤六の海底地すべり跡
藤六の海底地すべり跡

安谷川マンガン採掘抗ジオサイト 10

安谷川マンガン採掘抗

基本はコレ!

かつて秩父山地一帯では、秩父帯のチャート中に含まれるマンガンが採掘されていた。
一番規模が大きいマンガン鉱山は皆野町日野沢にあったが、安谷川の採掘坑(試掘坑)は比較的安全に見学することができる。
安谷川マンガン採掘抗

埼玉県の鉱山の中で、最も数が多いのはマンガン鉱山です。秩父地域から飯能市にかけて、昭和30~40年代に最も盛んに採掘されていました。鉱夫が数人の小規模な鉱山が多かったようです。秩父地域で最も規模が大きかったのは皆野町の日野沢鉱山で、数十人単位の従業員がいたようです。

マンガン鉱床は、秩父帯のチャートや粘板岩などの堆積岩中に存在します。海洋底に堆積したマンガン成分が、マンガン鉱山の元になっていると考えられます。

秩父帯の岩石は、海洋底の火山体や堆積物などが海洋プレートに乗って移動し、ジュラ紀に大陸側に押し付けられたもの(付加体)からできています。マンガン成分も、その他の堆積物とともにはるか彼方の海洋底から、海洋プレートに乗って運ばれてきたものです。マンガン鉱床は、数億年前の深海底からの贈りものともいえます。

マンガン坑は、現在では場所がよくわからなくなっている場所も多く、またアクセスしにくい場所が多いのですが、安谷川マンガン坑へは遊歩道が整備されており、気軽に観察することができます。

アクセス
電車・・・秩父鉄道「荒川日野駅」から徒歩約30分
ナビ入力住所・・・秩父市荒川日野1466-1(現地周辺)
駐車場
なし ※周辺の民地を使用する場合、必ず管理者の許可を得てください。
近くのサイト・拠点施設
9:若御子わかみこ断層洞だんそうどう11:明ヶ指みょうがさすのたまご水と大カツラ山里自然館(道の駅あらかわ)
関連ジオストーリー
大地の営みと共に生きる

地図

G10_安谷川マンガン採掘抗

コンテンツ本文の先頭へ戻る ページの先頭へ戻る
コンテンツ本文の先頭へ戻る ページの先頭へ戻る