コンテンツ本文へスキップ
プリローダーイメージ
スマートフォンサイトはこちら

ジオサイトを探す

藤六の海底地すべり跡
藤六の海底地すべり跡

三峰口の白川橋眺望サイト

三峰口の白川橋

基本はコレ!

秩父山地と盆地の境にかかる橋で、上流側は約2億年~1.5億年の秩父帯のV字谷、下流側は約1500万年前の「古秩父湾」時代に海底に堆積した地層が、やがて荒川の浸食を受けて河成段丘が形作られた秩父盆地が広がる。
古くから産業の要衝の地であり、かつては奥秩父の山から伐り出された木材をこの地で筏に組んで江戸へ運び、平賀源内も木炭の通船事業を起こした歴史がある。秩父鉱山も昭和の全盛期にはここまで索道で鉱石を運搬し、鉄道に乗せて各地へ搬出した。
三峰口の白川橋

白川橋から下流を見ると、山がなだらかになって平らな面が現れ、秩父盆地が広がるのがわかります。ここから下流は、地質年代的には新第三系と呼ばれ、新生代(約1500万年前)の地層になります。かつて、古秩父湾の海底に土砂が堆積し、やがて盆地東側の山地の隆起によって湾が閉ざされ、古秩父湾は終わりを迎えます。その後、今から約50万年前以降に、荒川の流れに大地が削られて河成段丘を形成し、現在の秩父盆地が形作られました。

上流を見ると、急峻なV字谷になっています。ここから上流の山々は「秩父帯」と呼ばれ、約2億年前、ジュラ紀の時代にプレートに運ばれて南洋からやってきた地層が広がります。日本の房総半島から関東山地、赤石山脈、紀伊山地、四国山地、九州山地を経て沖縄本島までの長さ1,500kmにわたって帯状に分布する地体構造区分の一つです。

江戸時代、上流の中津川や大血川沿いの豊富な木材は、鉄砲堰などの技術を使って奥山から川の流れを使って搬出され、流れがゆるやかになるこの場所で筏(いかだ)に組まれて江戸へ向かいました。鉱山事業に失敗した平賀源内も、ここで木炭を運び出す荒川通船の事業を起こしました。

近くにある秩父鉄道の終点・三峰口駅は、平野の終点でもあります。ここから奥の地形は秩父帯の険しい地形となり、鉄道は入れないのです。秩父鉱山の鉱石も、かつて北の山中白亜系(山中層群)の谷を経て三峰口まで索道で運び出され、ここから鉄道に乗せられました。

こちらも行ってみよう!

秩父ジオグラビティパーク
秩父ジオグラビティパーク
キャニオンウォーク、キャニオンフライ、キャニオンスイングなど、荒川渓谷の上空でスリル満点のアクティビティが楽しめる三峰口の新名所。
贄川宿
贄川宿
かつて三峯神社への参拝者でにぎわった宿場町。現在は「かかしの里」として工夫を凝らした案山子が家々に展示されています。
三峰口駅
三峰口駅
秩父鉄道の終点で、「関東の駅百選」に選ばれている駅。SLパレオエクスプレスが転車台にのって回転する様子を見学できます。
猪鼻区 熊野神社
猪鼻区 熊野神社
毎年7月第4日曜日に行われる奇祭「猪鼻の甘酒まつり」が有名。褌一丁の男たちが大きな樽に入った甘酒を威勢よくかけあいます。
アクセス
電車・・・秩父鉄道「三峰口駅」下車徒歩5分
バス・・・西武鉄道「西武秩父駅」または秩父鉄道「秩父駅」から西武観光バス「秩父湖ゆき」または「中津川ゆき」で「白川橋」下車
ナビ入力住所・・・秩父市荒川白久1625(三峰口駅)
駐車場
あり(三峰口駅駐車場ほか)
リンク
秩父観光なび
近くのサイト・拠点施設
12:大達原おおだはらの石灰岩岩壁がんぺき手堀てぼりトンネル山里自然館(道の駅あらかわ)13:神庭かにわ洞窟(神庭鍾乳洞を含む)
関連ジオストーリー
日本地質学発祥の地秩父の大地に眠る太古の海の物語大地の営みと共に生きる

地図

C04_三峰口の白川橋

コンテンツ本文の先頭へ戻る ページの先頭へ戻る
コンテンツ本文の先頭へ戻る ページの先頭へ戻る