コンテンツ本文へスキップ
プリローダーイメージ
スマートフォンサイトはこちら

ジオサイトを探す

藤六の海底地すべり跡
藤六の海底地すべり跡

羊山公園(中位段丘)ジオサイト 5

羊山公園(中位段丘)

基本はコレ!

羊山公園は、荒川がつくった中位段丘上にあり、「見晴しの丘」からは秩父市街地が一望できる。
戦前、県の緬羊種畜場があり、綿羊を飼育してことから、一帯を「羊山」と呼ぶようになった。近年、「芝桜の丘」で有名になった市民の憩いの場。

羊山丘陵は、荒川の浸食によってつくられた河成段丘のうち、約13万年前に形成された中位段丘にあり、厚さ数~20mの羊山礫層と、それを覆う新期ロームから構成されています。尾田蒔丘陵の北部と寺尾付近(秩父公園橋を渡った荒川の対岸)も中位段丘にあたります。

羊山公園内の北側にある「見晴らしの丘」からは、秩父盆地が一望でき、また、園内南側にある「芝桜の丘」には、40万株を超える芝桜が約16,500平方メートルにわたって植栽され、秩父の春の人気観光スポットとなっています。園内にはその他にも市民の憩いの場になっています。

羊山公園設計図

もともと羊山公園は、「日本公園の父」であり日本初の林学博士でもある本田静六博士の設計によって整備されました。博士は日比谷公園や明治神宮の森など多くの公園を設計したことで有名です。昭和11年の「秩父公園計画概要」(当時、公園の名称を「秩父公園」として計画していた。)における設計図では、現在の羊山公園よりも規模が小さいものの、自然を活かした公園が描かれており、見晴しの丘も含まれています。

 戦前、埼玉県種畜場秩父分場があり、綿羊を飼育してことから、一帯を「羊山」と呼ぶようになったようです。現在も、芝桜の丘の隣にある「ふれあい牧場」に羊がいます。

こちらも行ってみよう!

武甲山資料館
武甲山資料館
古くからの信仰の山、そして石灰岩採掘の山である武甲山の歴史を今に伝える資料館です。(羊山公園内)
やまとーあーとみゅーじあむ
やまとーあーとみゅーじあむ
棟方志功の作品を中心に、ゆかりの作家の絵画や陶芸家の作品を展示する美術館です。(羊山公園内)
ちちぶ銘仙館
ちちぶ銘仙館
秩父織物、銘仙の歴史を学べる施設。昭和5年建造の旧埼玉県秩父工業試験場の建物を活用しています。
西武秩父駅
西武秩父駅
秩父の玄関口。昭和40年以前は秩父農工高等学校があり、昭和44年の西武秩父線開通に伴い駅が完成しました。
アクセス
電車・・・西武鉄道「西武秩父駅」、秩父鉄道「御花畑駅」から徒歩20分(芝桜の丘)
ナビ入力住所・・・秩父市大宮地内6360
駐車場
あり(羊山公園内)
リンク
秩父観光なび内ページ「芝桜の丘(羊山公園)」
近くのサイト・拠点施設
秩父神社 ははその森秩父市役所及び秩父市歴史文化伝承館秩父観光情報館秩父農工高等学校跡(西武秩父駅)
関連ジオストーリー
大地の営みと共に生きる

地図

G05_羊山公園

コンテンツ本文の先頭へ戻る ページの先頭へ戻る
コンテンツ本文の先頭へ戻る ページの先頭へ戻る