コンテンツ本文へスキップ
プリローダーイメージ
スマートフォンサイトはこちら

ジオサイトを探す

藤六の海底地すべり跡
藤六の海底地すべり跡

前原まえはら不整合ふせいごうジオサイト 21

<ruby>前原<rp>(</rp><rt>まえはら</rt><rp>)</rp></ruby>の<ruby>不整合<rp>(</rp><rt>ふせいごう</rt><rp>)</rp></ruby>

基本はコレ!

約1700万年前から約1500万年前まで現在の秩父盆地内に存在した古秩父湾の「一億五千年の時をまたぐ場所」。地層と地層の間に膨大な時間の隔たりがある「不整合」を間近に観察できる。国の天然記念物に指定。
露頭の突端部にはカキの化石が見られ、このあたりに古秩父湾の浅い海が広がっていた証拠となっている。
不整合部分

皆野町の大渕の交差点から荒川に向かって整備された坂道を下ると、荒川左岸にある崖に至ります。下部の黒っぽい岩(黒色泥岩)は、秩父帯(約2億年前~1億5000万年前・中生代ジュラ紀)の泥岩で、その上に、古秩父湾が形成されはじめたころの礫岩(約1600万年前・新生代新第三紀)や砂岩層が重なっています。

このように2つの地層の間に大きな時間的不連続が認められる関係を不整合といいます。ここは不整合面が明瞭で、地層の上下関係が広く立体的に観察できるので、学術的に貴重であるだけではなく、地質学の学習にも適しています。

境界に見られる礫岩は、陸地で侵食された秩父帯の地層が再び海におおわれて古秩父湾の海の底になったとき、陸地から運ばれた石ころが大量に堆積したもので、基底礫岩といいます。

牡蠣(カキ)の化石

この露頭の川に面した突端部には、牡蠣(カキ)の化石があります。カキの化石は示相化石といって、生物が生きていた時代の環境を表すもの化石です。当時、浅い海が広がっていた証拠となります。下流の大渕の川原に行くと、貝など海の動物の化石がたくさん見つかります。

アクセス
電車・・・秩父鉄道「皆野駅」から徒歩25分
バス・・・西武鉄道「西武秩父駅」または秩父鉄道「秩父駅」から西武観光バス「吉田元気村ゆき」の「大田入口」下車徒歩10分
ナビ入力住所・・・秩父郡皆野町大渕429(現地付近)
駐車場
あり
リンク
皆野町WEBサイト内「前原の不整合」
埼玉県立自然の博物館WEBサイト内「前原の不整合」
近くのサイト・拠点施設
23:秩父華厳の滝のメランジュ22:札所34番水潜寺すいせんじの石灰岩体20:栗谷瀬くりやぜ橋の蛇紋岩じゃもんがん
関連ジオストーリー
秩父の大地に眠る太古の海の物語

地図

G21_前原の不整合

コンテンツ本文の先頭へ戻る ページの先頭へ戻る
コンテンツ本文の先頭へ戻る ページの先頭へ戻る