コンテンツ本文へスキップ
プリローダーイメージ
スマートフォンサイトはこちら

ジオサイトを探す

藤六の海底地すべり跡
藤六の海底地すべり跡

栗谷瀬くりやぜ橋の蛇紋岩じゃもんがんジオサイト 20

<ruby>栗谷瀬<rp>(</rp><rt>くりやぜ</rt><rp>)</rp></ruby>橋の<ruby>蛇紋岩<rp>(</rp><rt>じゃもんがん</rt><rp>)</rp></ruby>

基本はコレ!

蛇紋岩は濃い緑色で光沢があり、岩肌が蛇の皮に見えることからその名がついた。白い脈の入ったものは「蛇灰岩(じゃかいがん)」という。磨くと美しい石材となり「緑色の大理石」とも言われる。秩父産の蛇紋岩は国会議事堂にも使われている。
風化しやすく地すべりの原因ともなり、現在も高速道路や鉄道などは蛇紋岩地帯を避けて建設される。
蛇紋岩(栗谷瀬橋付近)
蛇紋岩

皆野中学校の門の前を荒川にむかって下ると川べりに出ます。この辺一帯には蛇紋岩が露出しています。秩父地域では長瀞の岩畳に代表される三波川変成帯の中に小規模な蛇紋岩体が分布しています。

蛇紋岩は濃い緑色で光沢があり、岩肌が蛇の皮膚のように見えることから名づけられました。地球深くにあるマントルを構成するカンラン岩が水と反応してできる岩石です。白い脈の入ったものを蛇灰岩(じゃかいがん)といい、蛇紋岩は磨くと美しい石材となり、「緑色の大理石」とも言われます。秩父産の蛇紋岩は、その品質の高さが認められ、埼玉県では唯一国会議事堂の中央玄関の床などにも使われています(産地は皆野町三沢、秩父市黒谷など)。

蛇紋岩は風化しやすく地滑りの原因にもなります。建築技術の発達した現在でも、高速道路や鉄道などの大型建築物の建設は蛇紋岩地帯を避けています。現在でもこの地域は土砂崩れの頻発地帯のため、向かいの山には各所で治山工事が施されています。

この岩には石綿(アスベスト)も含まれています。石綿の大部分は、蛇紋岩に含まれる繊維状のクリソタイルという鉱物からなります。江戸時代には、平賀源内が埼玉県産の石綿で火にくべても燃えない布「火浣布(かかんぷ)」をつくりました。現在は、肺がんなどを引き起こすことから石綿の生産や使用は禁止されています。

ちょこっと豆知識 「秩父鉄道のコース変更は蛇紋岩のせい?」

秩父鉄道(当時は前身である上武鉄道)は、明治44年(1911年)の時点ではまだ現在の秩父まで延伸しておらず、皆野町金崎にある金崎神社あたりに設置された金崎駅(当時は「秩父駅」の名だった)まで開通していました。金崎からの延長工事は当初、荒川左岸から向かうコースが計画されていました。しかし、蛇紋岩がある金崎から先は地盤が軟弱であり、線路の敷設・維持が難しいことから荒川右岸へ渡るコースに変更され、金崎駅は後に廃止となりました。現在の長瀞駅の先からコースが変更され、荒川橋梁を渡り、大正3年(1914年)に現在の秩父駅まで延伸しました。

アクセス
電車・・・秩父鉄道「親鼻駅」から徒歩約20分
バス・・・秩父鉄道皆野駅から皆野町営バス「中学校前」下車徒歩5分
ナビ入力住所・・・秩父郡皆野町皆野2228-1(皆野総合センター)
駐車場
なし ※河川の状況を確認した上で荒川河川敷に駐車して下さい。
リンク
皆野町観光協会Webサイト「みんなのみなの」
近くのサイト・拠点施設
17:岩畳いわだたみと秩父赤壁せきへき19:紅簾石片岩こうれんせきへんがんとポットホール21:前原まえはら不整合ふせいごう秩父鉄道荒川橋梁埼玉県立自然の博物館
関連ジオストーリー
日本地質学発祥の地大地の営みと共に生きる

地図

G20_栗谷瀬橋の蛇紋岩

コンテンツ本文の先頭へ戻る ページの先頭へ戻る
コンテンツ本文の先頭へ戻る ページの先頭へ戻る