コンテンツ本文へスキップ
プリローダーイメージ
スマートフォンサイトはこちら

ジオサイトを探す

藤六の海底地すべり跡
藤六の海底地すべり跡

藤六とうろくの海底地すべり跡ジオサイト 27

<ruby>藤六<rp>(</rp><rt>とうろく</rt><rp>)</rp></ruby>の海底地すべり跡

基本はコレ!

この地が海だった時代、山地の隆起によって海底に斜面ができ、まだ固まっていなかった海底の堆積物が地震などによって滑り落ち、グニャリと曲がった地層(スランプ褶曲(しゅうきょく))が観察できる場所。(秩父市天然記念物)

取方の大露頭から赤平川の上流へ向かうと、ようばけに至る途中、小坂下(こさかげ)の右岸にみごとな褶曲が見られます。こちらは「海底地滑りの跡(スランプ褶曲)」として秩父市の天然記念物にも指定されています。

褶曲とは、通常平行に積み重なっている地層がグニャリと曲がっている箇所をいいます。この地が約1600万年前、古秩父湾の海底であった時代、西側の山地が隆起して東側が沈んでいくとき、まだ固まっていない海底の堆積物が地震などによって斜面を滑り落ちてできた「海底地滑り」によるもので、これによってできた褶曲を「スランプ褶曲」といいます。

札所33番延命山菊水寺から南に650mほど行った車道脇に案内看板があり、そこから河原に降りることもできますが、急坂で一部ロープをつたって降りる箇所もあるので、無理をせずに自動車で左岸の藤六(とうろく)側にまわりましょう。対岸から見てもよく観察できます。藤六側の上流へ歩いていくと、海底の泥を水流が削り取った跡(底痕・流痕)や、滝を見ることができます。

アクセス
バス・・・西武鉄道「西武秩父駅」または秩父鉄道「秩父駅」から西武観光バス「栗尾ゆき」の「泉田」下車徒歩25分
ナビ入力住所・・・秩父市下吉田1239(現地付近)
※小坂下側からのアクセスは急坂、危険箇所があります。足腰が悪い方は対岸の藤六側から見学して下さい。
駐車場
なし ※現地周辺の民地に駐車する場合は、必ず土地所有者の許可を得て下さい。
リンク
海底地滑りの跡(スランプ褶曲)(秩父市公式WEBサイト内)
近くのサイト・拠点施設
26:取方とりかた大露頭だいろとうおがの化石館28:ようばけ
関連ジオストーリー
秩父の大地に眠る太古の海の物語

地図

G27_藤六の海底地すべり跡

コンテンツ本文の先頭へ戻る ページの先頭へ戻る
コンテンツ本文の先頭へ戻る ページの先頭へ戻る