コンテンツ本文へスキップ
プリローダーイメージ
スマートフォンサイトはこちら

ジオサイトを探す

藤六の海底地すべり跡
藤六の海底地すべり跡

皆本沢みなもとざわの礫岩ジオサイト 32

<ruby>皆本沢<rp>(</rp><rt>みなもとざわ</rt><rp>)</rp></ruby>の礫岩

基本はコレ!

皆本沢がある谷は、恐竜の時代である約1.3億年~1億年に堆積した山中白亜系(山中層群)の地層が広がる地域。宮沢賢治も、大正5年の秩父地質巡検の際にこの地を訪れている。

国道299号を小鹿野町の街なかから進んでいくと谷間に入ります。その先は、恐竜の時代である約1.3億年~1億年前の山中白亜紀(山中層群)の地層が広がる地域です。ひときわ開けたところにある間明平(まみょうだいら)は、旧三田川村の村社だった古鷹神社があり、間明平中学校もあった場所で、この地区の中心地です。神社を過ぎて左手を見ていると、皆本沢の看板が出てきます。

国道を左にそれ、橋を渡ると皆本沢に入ります。ここは山中白亜紀の地層がよく観察できるところです。ちなみに皆本沢では、亀の甲羅に似た模様の「亀甲石(きっこうせき)」(小鹿野町観光交流館に展示あり)が見つかり、愛石家の間では話題になりました。

沢の入り口ちかくの切りとおしでは砂岩や泥岩の互層が観察できます。垂直に立った地層の上下の判断は、地層中の粒子が下位では粗く上位にいくにつれ細かくなる、堆積時の分級作用(水中で沈降する際、粒子の大きさによって層がわかれること)によってできています。

沢沿いの礫岩層にはこの近辺では見られない花崗岩類が含まれています。上流へ向かう林道は荒れ気味ですが、林道わきに背斜構造(地層が山の形に折れ曲がることで、下部の古い地層が中心に見られる構造)も見られます。

旧寿旅館(現・小鹿野町観光交流館)の当主の日記に、「盛岡高等農林学校生徒職員一行25人宿泊す」「9月4日 三田川村 三山 皆本沢に向かい・・・」の記録があり、宮沢賢治もここ皆本沢を訪れていることがわかっています。

アクセス
バス・・・西武鉄道「西武秩父駅」または秩父鉄道「秩父駅」から西武観光バス「小鹿野車庫・栗尾ゆき」の「小鹿野役場」で「坂本ゆき」に乗り換え、「黒竹」下車徒歩約10分
ナビ入力住所・・・秩父郡秩父郡小鹿野町三山1251(現地周辺)
駐車場
なし ※現地周辺の民地に駐車する場合は、必ず土地所有者の許可を得て下さい。
リンク
小鹿野町観光交流館WEBサイト 
近くのサイト・拠点施設
33:二子山の石灰岩岩壁31:犬木の不整合30:札所31番観音院と岩殿いわどの沢石さわいし
関連ジオストーリー
日本地質学発祥の地秩父の大地に眠る太古の海の物語

地図

G32_皆本沢の礫岩

コンテンツ本文の先頭へ戻る ページの先頭へ戻る
コンテンツ本文の先頭へ戻る ページの先頭へ戻る