コンテンツ本文へスキップ
プリローダーイメージ
スマートフォンサイトはこちら

ジオサイトを探す

藤六の海底地すべり跡
藤六の海底地すべり跡

寺坂棚田てらさかたなだ・寺坂遺跡文化・歴史サイト

<ruby>寺坂棚田<rp>(</rp><rt>てらさかたなだ</rt><rp>)</rp></ruby>・寺坂遺跡

基本はコレ!

寺坂棚田は、高篠山から流れる曾沢川が作った扇状地にある、埼玉県下では最大の棚田。武甲山を背景にのどかな田園風景が広がり、近年は夏に行われる「ホタルのかがり火まつり」での幻想的な光景が有名になった。
太古の昔から人々が暮らし、縄文時代の遺跡が見つかっている。
タルかがり火まつり

横瀬町町民会館のわきを丸山林道に向かうと、高篠山から流れ出る曾沢川の水を引き、南に面した斜面に約330枚の棚田があります。ここは太古の昔から人々が暮らし、縄文時代の遺跡が見つかっています。武甲山を背景にゆるやかな傾斜地に広がる水田は、心癒す風景をつくりだしています。寺田の棚田は曾沢川の扇状地で、上部の標高は中位段丘の羊山と同じ約270m、下部は低位段丘の市街地と同じ高さです。

ここは盆地と東の山との境界。高篠山は御荷鉾緑色岩類(みかぼりょくしょくがんるい)からできています。御荷鉾緑色岩は、海底の火山活動でつくられた溶岩などが変成を受けてできました。

遺跡からは、御荷鉾緑色岩を材料にした磨かれた石の斧を作っていた跡が見つかっています。お米と石斧に支えられた人々の生活がここで営まれていました。詳しくは横瀬町歴史民俗資料館で学ぶことができます。

アクセス
電車・・・西武秩父線「横瀬駅」下車徒歩15分
ナビ入力住所・・・秩父郡横瀬町大字横瀬1854(現地周辺)
駐車場
あり
リンク
横瀬町観光WEBサイト「歩楽~里よこぜ」
近くのサイト・拠点施設
横瀬町歴史民俗資料館8:新田橋あらたばし礫岩露頭れきがんろとう2:札所4番金昌寺きんしょうじ礫岩層れきがんそう石仏群せきぶつぐん丸山山頂展望台
関連ジオストーリー
大地の営みと共に生きる

地図

B03_寺坂棚田

コンテンツ本文の先頭へ戻る ページの先頭へ戻る
コンテンツ本文の先頭へ戻る ページの先頭へ戻る