コンテンツ本文へスキップ
プリローダーイメージ
スマートフォンサイトはこちら

ジオサイトを探す

藤六の海底地すべり跡
藤六の海底地すべり跡

寛保洪水位磨崖標かんぽこうずいいまがいひょう文化・歴史サイト

<ruby>寛保洪水位磨崖標<rp>(</rp><rt>かんぽこうずいいまがいひょう</rt><rp>)</rp></ruby>

基本はコレ!

「水」の字が刻まれた岩があり、江戸時代、4日間続いた豪雨で荒川が氾濫して18mも水位が上昇し、この地まで水没したことを今に伝えている。
この付近は秩父盆地唯一の水の出口で、盆地に広がる川に比べ極端に川幅が狭くなっている。
寛保洪水位磨崖標

長瀞第二小学校裏の山ぎわに「水」の文字が刻まれた岩(三波川結晶片岩)があります。江戸時代の寛保2年(1742年)の洪水位の記録です。旧暦7月27日から4日間豪雨が続き、8月1日の水位が18mも上昇してここまで達し、付近が水没したことを地元の四方田弥兵衛・滝上市右衛門が刻んだものです。(県指定史跡)

ここは秩父盆地に降った雨が集まる、盆地唯一の水の出口です。野上下郷石塔婆の南の荒川にかかる橋の上に立ってみると、盆地内に広がる川幅に比べ極端に狭まっているのが分かります。現在は秩父地域に4つのダムができ、大雨が降っても水位の調整が行われ、文字通り「荒ぶる川」の昔のような水害はなくなりましたが、今でも梅雨どきや台風の過ぎ去った後、橋のすぐ下まで水が上がることがあります。

アクセス
電車・・・秩父鉄道「樋口駅」下車徒歩8分
ナビ入力住所・・・秩父郡長瀞町野上下郷39
駐車場
なし ※付近に駐車する場合は必ず管理者の許可を得て下さい。
リンク
長瀞町WEBサイト内「文化財」
近くのサイト・拠点施設
野上下郷石塔婆のがみしもごうせきとうば(石材採掘遺跡を含む)15:高砂橋たかさごばし下流の雁行脈がんこうみゃく16:蓬莱島ほうらいじま17:岩畳いわだたみと秩父赤壁せきへき
関連ジオストーリー
日本地質学発祥の地大地の営みと共に生きる

地図

B07_寛保洪水位磨崖標

コンテンツ本文の先頭へ戻る ページの先頭へ戻る
コンテンツ本文の先頭へ戻る ページの先頭へ戻る