コンテンツ本文へスキップ
プリローダーイメージ
スマートフォンサイトはこちら

ジオサイトを探す

藤六の海底地すべり跡
藤六の海底地すべり跡

高砂橋たかさごばし下流の雁行脈がんこうみゃくジオサイト 15

<ruby>高砂橋<rp>(</rp><rt>たかさごばし</rt><rp>)</rp></ruby>下流の<ruby>雁行脈<rp>(</rp><rt>がんこうみゃく</rt><rp>)</rp></ruby>

基本はコレ!

変成岩の中にある帯状に連なる白い模様は、雁が連なって飛んでいく光景を連想させる模様から、「雁行脈」と呼ばれる。
雁行脈は、地下深くから岩石が上昇してくる過程で生じた亀裂で、その隙間は白い石英や方解石が埋めています。

「盆地にも 今日は別れの本野上 駅にひかれる たうきびの穂よ 宮沢賢治」の歌碑のある秩父鉄道の野上駅から荒川に向かいます。多宝寺の北の道をたどり川岸に下ると荒川の左岸にでます。

ライン下り終点の船着場の手前、道路左側の岩をたんねんに探すと、幅10~20cm長さ1mから数mにわたって帯状に連なる白い模様が何本も見られます。雁が連なって飛んでいく光景を連想させる模様から「雁行脈」と呼ばれます。

雁行脈は、地下深くから岩石が上昇してくる過程で生じた亀裂です。亀裂の隙間は、周囲の岩石から浸み出した白い石英や方解石が埋めています。黒い泥質片岩には右下がりのミ型(白い部分は主に石英)、緑色片岩には右上がりの杉型(白い部分は主に方解石)が見られます。雁行脈の中心を貫く断層を境に左右がずれてS字状の形になっているものもあります。

アクセス
電車・・・秩父鉄道「野上駅」から徒歩約15分
ナビ入力住所・・・秩父郡長瀞町中野上9(現地200m手前付近)
駐車場
なし ※河川敷で通行の妨げにならない箇所に駐車して下さい。
近くのサイト・拠点施設
16:蓬莱島ほうらいじま寛保洪水位磨崖標かんぽこうずいいまがいひょう野上下郷石塔婆のがみしもごうせきとうば(石材採掘遺跡を含む)埼玉県立自然の博物館長瀞町郷土資料館
関連ジオストーリー
日本地質学発祥の地

地図

G15_高砂橋下流の雁行脈

コンテンツ本文の先頭へ戻る ページの先頭へ戻る
コンテンツ本文の先頭へ戻る ページの先頭へ戻る