コンテンツ本文へスキップ
プリローダーイメージ
スマートフォンサイトはこちら

ジオサイトを探す

藤六の海底地すべり跡
藤六の海底地すべり跡

虎岩とらいわジオサイト 18

<ruby>虎岩<rp>(</rp><rt>とらいわ</rt><rp>)</rp></ruby>

基本はコレ!

虎岩にある茶色の部分は「スティルプノメレン」という鉱物で、白い部分は割れ目を埋めた「方解石」という鉱物。地下深部で高い圧力を受けて折り重なって畳まれ、このような形状になった。その模様が虎の毛皮に似ていることから「虎岩」の名がついたと言われている。
宮沢賢治が地質巡検の際に虎岩をみて詠んだといわれている歌碑がある。
宮沢賢治の歌碑

秩父鉄道「上長瀞駅」から荒川に向かうと埼玉県立自然の博物館前にでます。駐車場には宮沢賢治の歌碑があり、わきの道を下がると川べりにでます。左岸の茶色と白の縞模様が見られる大きな岩が虎岩です。茶色は「スティルプノメレン」という鉱物で白い部分は割れ目を埋めた方解石です。川岸の岩には金色に輝く黄鉄鉱の結晶も見られるので探してみましょう。「虎岩」は茶褐色のスティルプノメレンと白色の長石や石英などが折り重なり、折りたたまれることによって虎の毛皮のような模様に見えることからこの名がつけられました。これは地下深部の高い圧力のもとで形成されたものです。この岩石はスティルプノメレン片岩といい、鉄やアルミニウムに富んでいます。周囲の緑がかった緑泥片岩中には、黒光りする正八面体の磁鉄鉱が入っていることもありますので探してみましょう。

1916年(大正5年)の地質巡検の際に長瀞を訪れた宮沢賢治は、虎岩を見て『つくづくと「いきなもやうの博多帯」荒川岸の片岩のいろ』と詠ったといわれています。宮沢賢治が「粋」な博多帯になぞらえた虎岩を眺めて、当時に思いを馳せてみましょう。

こちらも行ってみよう!

長瀞岩畳通り商店街
長瀞岩畳通り商店街
秩父鉄道「長瀞駅」から岩畳までの間、約400mほどお土産物店やお食事処がずらっと並んでいる通りです。
長瀞ライン下り
長瀞ライン下り
美しい渓谷をゆったりと、時にはスリル満点で楽しめる昔ながらの舟下り。ジオ観察にもうってつけです。
宝登山ロープウェイ
宝登山ロープウェイ
神社から奥宮がある宝登山山頂まで空中散歩!山の上にはロウバイ等の花の名所、小動物公園があります。
寶登山神社
寶登山神社
秩父神社、三峯神社と並ぶ秩父三社の一つ。創建1900年の歴史を持ち、極彩色の権現造りの社殿が美しい。
アクセス
電車・・・秩父鉄道「長瀞駅」から徒歩約7分
ナビ入力住所・・・秩父郡長瀞町大字長瀞529-2(長瀞駅)
駐車場
あり ※周辺の有料駐車場をご利用下さい。
リンク
長瀞町観光協会WEBサイト
近くのサイト・拠点施設
17:岩畳いわだたみと秩父赤壁せきへき秩父鉄道荒川橋梁19:紅簾石片岩こうれんせきへんがんとポットホール埼玉県立自然の博物館長瀞町郷土資料館
関連ジオストーリー
日本地質学発祥の地

地図

G18_虎岩

コンテンツ本文の先頭へ戻る ページの先頭へ戻る
コンテンツ本文の先頭へ戻る ページの先頭へ戻る